和文著書等/和田・小林研究室

東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 生命環境科学系 (兼担:理学系研究科 生物科学専攻)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



Publications

総説&解説

遠藤嘉一郎、小林康一、和田 元(2015)「光合成タンパク質複合体と脂質」光合成研究 25:116−125.

小林康一(2015)「植物のチラコイド膜脂質の合成と葉緑体発達における役割」光合成研究 25:126−137.

和田 元、佐藤直樹(2013)「脂質生産を微細藻類に託せるか? 脂質を貯めるわけとしくみ」現代化学 5月号 pp. 24-28.

小林康一 (2012) 高等植物のクロロフィル合成系の制御. 光合成研究 22: 125-138.

久保田寿子、水澤直樹、和田 元(2010)「シアノバクテリアSynechocystis sp. PCC 6803の光化学系I複合体の簡易精製と新規成分の同定」光合成研究 20:9—14.

和田 元(2009)「読書のすすめ」化学 64:58.

片山健太、和田 元(2009)「リン脂質カルジオリピンの細胞内機能」 Plant Morphology 21: 17-28.

小林康一、太田啓之(2009)「高等植物におけるガラクト脂質の合成と生体膜構築」 Plant Morphology 21: 29-39

小林康一(2009)「高等植物におけるガラクト脂質の合成とその役割」光合成研究 19: 52-58.

下嶋美恵、小林康一、太田啓之(2008)「葉緑体チラコイド膜を構成するグリセロ糖脂質の生合成と機能」化学と生物 46: 330-338.

小林康一、太田啓之(2004)「リン酸欠乏時における膜脂質合成系の代謝変動と植物ホルモンによる制御」日本農芸化学会誌 78.10:977-980.

和田 元(1999)「新たに発見された植物ミトコンドリアにおける脂肪酸合成 呼吸系関連酵素の補酵素リポ酸の生合成に深く関与」化学と生物 37:144—145.

和田 元、村田紀夫(1996)「遺伝子操作による不飽和脂肪酸の機能解析」化学と生物 34:61—69.

和田 元(1995)「遺伝子操作によって寒さに強い植物をつくる シアノバクテリアからのアプローチ」科学 65:101—110.

和田 元、村田紀夫(1993)「植物の低温適応における脂質の役割」凍結及び乾燥研究会会誌 39:90—96.

和田 元、村田紀夫(1991)「脂肪酸不飽和化酵素と耐冷性」酵素工学ニュース 第26号 pp. 11—14.

和田 元、村田紀夫(1991)「ラン藻における膜系の構築と低温耐性の機構」蛋白質 核酸 酵素 36:1604—1610.

小俣達男、和田 元、村田紀夫(1990)「ラン藻における遺伝子組み換え」蛋白質 核酸 酵素 35:2542—2551.


著書

和田 元(共著)(2015)「現代生命科学」、東京大学生命科学教科書編集委員会編、羊土社

和田 元(共著)(2013)「理系総合のための生命科学 第3版 分子・細胞・個体から知る"生命"のしくみ」、東京大学生命科学教科書編集委員会、羊土社

和田 元(共著)(2010)「図説生物学」、東京大学図説生物学編集委員会編、東京大学出版会

和田 元(共著)(2010)「生物学辞典」、東京化学同人

和田 元(共著)(2007)「光合成の科学」、東京大学光合成教育研究会編、東京大学出版会

和田 元(共訳)(2004)脂質と呼吸代謝、「テイツ・ザイガー植物生理学(第3版)」、培風館

和田 元(共著)(2003)「光合成辞典」、日本光合成研究会編、学会出版センター

和田 元(共著)(1997)「基礎生物学実験」、基礎生物学実験書編集委員会編、九州大学出版会

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|

milk_btn_next.png